<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 社会的弱者と言う共同幻想に囚われる愚
2006年03月21日 (火) | 編集 |
 他のブログや掲示板でも取り上げられていますが、鳥取県の人権救済条例の廃止を求める活動を行っている有志たちが県議会に署名を提出しました。

 そのことについては読売新聞鳥取版と探偵ファイルが取り上げているので、そちらを読んでいただくとして、2ちゃんねるにやってくる書き込みで私を何とかして運動から外させようという目的からか執拗に個人攻撃的な書き込みを行う人がいます。

 匿名で書くのが卑怯といいつつ、私のことをあることないこと書き込んでくる行為に辟易しながらも反論してあげると、また調子に乗って長文の書き込みをしてきます。

 臣下ごっこをやってるんだそうです笑
 
 ごっこというところが幼稚さの演出をしたいということでしょうが、かえって自分の稚拙さを外に曝す結果になっています。

 そのなかで私は「弱者」だと規定して、早く目覚めなさいと女王の教室の真矢先生のようにしつこく誘いをかけてくるというパターンが繰り返されることに気がつきました。

 ここで思い出されたのが左派系やリベラル系の学者の主張です。

 たとえば社会学者の宮台真司氏は「排外主義的愛国主義者には低学歴か低所得が多い」と分析していますが、何をもって排外主義というのか、その言葉だけを見ると戦前の日本や北朝鮮のようなおどろおどろしいイメージが連想されます。

http://www.miyadai.com/index.php?itemid=335

 読み手に与える印象操作は閉鎖的な島国根性に固執するといった類のものでしょう。

 トラックバックされていたあるブロガーは本人たち(保守派)はカッコいいと思っているのかもしれないが本当は「かっこ悪い」ことを気付かせようとしているのではという見方をしていました。

 なるほど、行動の動機をそこに求めるわけですね。こうした主張や運動に携わることがカッコいいからと自己実現の部分でしか捉えられない人たちにとってはそれしか考えられないわけです。

 しかし宮台氏がいう所得や学歴と思想傾向との関連性がどういうデータから導き出されるものか、第三者には分かりません。

 自分自身を社会的弱者と規定し、バックラッシュは自分の首を絞めることだと警告をしているのかもしれないけれど、人間はそう二分法で規定できるほど単純ではないと思います。

 差別―被差別の関係から物事を見ることも同様です。とかく人権擁護法案を通したい勢力は差別の歴史を強調し、泣いている人を速く救うべきというけれど、北朝鮮の人権状況に比較して日本での人権状況は劣悪という論理は理解しがたいです。

 一年365日差別を受けたと顔をしかめながら人間は生きているのでしょうか。

 わが国の長い歴史のなかで育まれた美徳を否定し、なんでも差別問題に結び付けて考える悪弊が、わが国を蝕んできていることに直感的に気がついた人々が増えてきていることが、数学者の藤原正彦氏の『国家の品格』が多くの人に読まれている証左であり、リベラル・左翼はこの事実をしっかり見なければいけないのではないだろうか。

怪しいIP
softbank220055044236.bbtec.net


↓弱者の政治利用に辟易される方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓日本のよさを守る女性議員を~女性塾を応援します↓
女性塾バナー


↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
宮台さんは以前生テレビで、拉致問題で根拠のないことを話した際、重村教授にばっさりやり込められていたのを見たことがあります。とても痛快でした。
「排外主義的愛国主義者には低学歴か低所得が多い」などどいってバカにしているようですが、討論を見ている限りどちらが頭が悪いか一目瞭然なんですがね~負け惜しみに根拠のないことを自分のブログにご披露しているのでしょう。
拉致こそ、最大の人権問題です。このことを無視して人権擁護法案などと声をあげる人たちは全く信用出来ませんね。

2006/03/21(火) 23:32:34 | URL | ふみこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
人権擁護法案というものが論議されています。なんとなくヤバいものだとは思っていましたが、ネットの反対運動に参加したことはありませんでした。それは2ちゃんで反対派が無関係な板・スレにコピペを貼りまくるのに反感を覚えたからで、専用ブラウザのNGワードに「人権擁護
2006/03/21(火) 23:38:32 | アルマヴィルへの道
人権擁護法案、あきらめきれない朝日(朝日新聞)H18.3.6『人権条例 生かすための知恵を』 http://www.asahi.com/paper/editorial20060305.html  過ちはためらわずに改めていく、ということだろう。   鳥取県は昨秋に成立した人権侵害救済条例について、6月実
2006/03/22(水) 00:21:05 | トンデモ社説
 いやっほう! 凄いニュースが飛び込んできました。最近 創価学会の力って 弱まっていません?人権条例を無期限停止 鳥取県議会 (共同通信) 共同ニュース 鳥取県議会で24日、差別や虐待からの救済を掲げた人権侵害救済条例について、6月1日の施行前に無期限で停止
2006/03/25(土) 15:30:02 | 創価学会体験記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫