<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大分県の教員採用汚職は構造的なゆがみの表れ 
2008年07月12日 (土) | 編集 |
連日報道されている大分県の教員採用に関わる不正の問題、子供たちの教育を行政庁として管理監督する教育委員会幹部、果ては県議会議員の口利きまであったというから、あきれ果てました。

ご存知大分県は村山富市の出身県で、日教組王国です。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
大分日教組にもメスを入れるべきと思う方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

とくに義務制は日教組系教職員組合との慣れあいが続いてきました。

いわゆる情実人事が行われてきた背景は、そうした問題があったことをしっかり見ておく必要があります。

10日の産経新聞に組合の問題に踏み込んだ記事が掲載されていました。しかし、産経新聞が九州に取材網がないから残念ですよね。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
産経新聞は九州にも進出してほしいと思う方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

本日は救う会福岡の街頭活動があります。こちらにもご参加ください。

北朝鮮に拉致された日本人を救出する

福岡の会定例街頭活動のお知らせ


平成20年7月12日午後2時 
場所:福岡市中央区天神ソラリアステージ前


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/159976/

大分県の教育界 教委、教組…長年の癒着体質
 
教員採用汚職が発覚した大分県の教育界は、古くから教育委員会と教職員組合が教職員人事などについて事前協議を行うなど、閉鎖的でなれ合う癒着体質が批判されてきた。事件では逮捕された校長、教頭の後任が決まらず、昇進人事で商品券贈与を県警に「告白」した校長らも学校を休み、5つの小学校で校長や教頭不在の異常事態に保護者らから不信が募っている。教員採用をめぐっては各地で縁故採用などのうわさが絶えない。他の教育委員会は大丈夫か。

 ■癒着体質

 大分県の教育委員会は、教職員組合との癒着体質が強く批判を受けてきた。教委幹部にも教組出身者が少なくない。

 日教組傘下の大分県教職員組合の加入率(昨年10月、義務教育)は約65%で九州随一。全国有数の「日教組王国」と知られる。

 県教委は昭和45年ごろから県教組と教職員人事をはじめ、各種通知の内容、卒業式の日程、研究指定校の選定などについて事前協議を続けてきた。平成14年1月には、「今後は県教委の責任で『主体的』に事務事業を執行する」と県教組に“関係清算”を通知、「今は事前協議はしていない」(総務課)とする。

 だが、地元議員によると、数年前、組合が教員の異動先を事前に把握していたこともあったといい、「教委の上層部は組合出身者が目立つ。実質的には変わっていないのではないか」との声もある。

 「PTAから教職員の人事まで、あらゆる分野を教職員組合が牛耳っている。教育委員会と組合の癒着構造にもメスを入れてほしい」。地元の保護者はため息をつく。

 ■他の教委は

 教員採用や昇任人事をめぐって縁故などのうわさは大分だけにとどまらない。
 首都圏の元教員は「教委幹部同士が『今回は君の子供の面倒をみるから次は頼む』など“バーター”取引の例もある」。また別の元教頭は「僻(へき)地(ち)校を避け、『第一小』『中央小』といったナンバースクールの人気校へ赴任するための働きかけもある」という。

 教員採用では面接や実技などの評価基準のあいまいさが指摘される。

 平成2年に教員採用をめぐり、当時の教育事務所長が収賄容疑で逮捕された山口県教委は「大分の事件は全く同じ図式」という。同県では問題作成や選考にそれぞれ委員会制度を採用したほか、受験番号で個人が特定できないようにするなど採用法を改善している。

 東京都でも問題作成、面接などをそれぞれ別の部署が担当している。

 栃木県は面接官にPTA役員や民間企業の人事担当者を採用。採点などの作業は複数で行い、自分の子供が受験する場合は採用業務から外すなどしている。

 教育関係者は「教育委員会は閉鎖性をなくすため、教員出身者だけでなく他の行政部門や外部からの交流人事など抜本見直しが必要」と指摘する。

**

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080711-OYT1T00477.htm

教育長出席し合否裏会議、「調整枠」は3割…大分教員汚職

 大分県の教員採用に絡み、少なくとも1990年代後半から2000年代初めまで、当時の県教育長らが出席した非公式の会議で、合格ラインに達していないにもかかわらず、口利きがあった受験者の合格を決めていたことが分かった。

 複数の元県教委幹部が読売新聞の取材に対し証言した。会議には教育長のほか、ナンバー2の教育次長(現・教育審議監)ら3~4人が出席した。小、中、高校の教員採用が対象で、会議に参加した教育長は2代にわたるという。県教委がトップを含め組織ぐるみで不正を行っていた実態が浮かび上がった。

 90年代後半から00年代初めにかけ県教委で人事に関する業務に携わり、会議に出席していたという元幹部の証言によると、会議は面接などの2次試験後、教育長室で行われていた。小学校教員の場合、数十人の合格枠のうち、7割は上位成績の受験者を合格とし、残りの3割を「調整枠」とした。点数が合格ラインに達していなくても、口利きがあった受験者について、得点などを参考に合格としていた。

 この元幹部は「当時は当たり前だと思っていたが、今は不正の犠牲になって落ちた受験者に申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べた。別の元幹部も「会議で、本来は不合格だった受験者を合格ラインの上に引き上げたことがある」と認めている。

 これに対し、当時の教育長の一人は「そのような会議を開いたことはない。口利きを含め不正は一切なかった」と話した。

 当時の別の教育長は「試験に関して幹部が集まる機会はあったが、自分は試験結果の報告を受けただけだ」としている。現職の小矢(こや)文則教育長も、これまで一連の汚職事件への自らの関与を否定している。

 採用試験の合格者は、担当課の人事担当者が成績一覧表を作り、課長と協議して合格ラインを設定。その後、教育次長、教育長がそれぞれ決裁し、正式に決まる。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパを募集します】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
教育正常化運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ


福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているいるのは、県同教と日教組です。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

残念ながら教育委員会はどこも部落解放同盟には無力です。いまだに癒着が続いています。
聞くところではまた8月に福岡県教育委員会と部落解放同盟は交渉をやるようです。、

最近、マイミクやブロガー仲間が裁判を起こして戦っています。鳥取の同和行政の開示請求の件では鳥取ループさんが、毎日新聞ではROM人さんが、これは画期的なことです。

私も前から住民訴訟を起こしたいという思いを暖めてきました。
2週間ほど前、弁護士さんのお話をお聞きする機会があり、左翼は環境問題や人権で裁判を次々起こして戦っているとのことでした。

しかし、いろいろな干渉を受けずに裁判も含め運動を行うには、自分はまだあまりにも非力です。

個人のみの力ではそれを賄うことは不可能で、まずは自腹といただいたカンパで街頭宣伝を行うスピーカーや会ののぼり、ビラなどのアイテムを揃えたいと思います。

たとえばスピーカーも救う会などで使っている性能のいいのは10万します。ハンドマイクでは長時間しゃべり続けられません。街宣は、市民に知らせる手段にインパクトがあります。

また、従来からお願いしている調査研究活動もひどい自治体や学校があるので、そのなかに入っていって取り組みたい、大分県も調査に行こうかと思っていた矢先に、教育委員会の不正が発覚しました。

こういう問題を取材・調査して雑誌などへ寄稿していきたいです。

カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。
御振込よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



**

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください



6・18福岡決戦!在特会が自称強制連行された不逞在日を撃沈!!


【山拓を落選させる会】

山崎拓を落選させる福岡市民の会
http://no-yamataku.sejp.net/


山崎拓を落選させる会


市民の会は若手メンバー中心に取り組まれています。私も賛同し、共に活動しています。
 
山崎拓は部落解放同盟の集会に出席した写真を見ると、解放同盟に選挙支援を受けているという証拠といえると思います。

解同の集会で仲良く並ぶ国会議員


この男は「北朝鮮が核実験やってよかった」と発言したり、今回の日朝協議も評価し、国交正常化などといっています。
 
聞くところでは、同じ福岡の議員がやくざを使えといったとかいわないとか、さて事の真偽は・・・・
応援よろしくお願いします

なお、近刊の『中国の日本解体シナリオ』(オークラ出版)にも産経新聞政治部記者の阿比留さんは、「危険な法案の背後に誰がいるのか」と題して寄稿しておられます。

こちらもぜひ、お読みください。



↓最近、ランキング下降ぎみです。
山拓落選運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
城内実さんのブログ記事「好きな食べ物(写真付)」に寄せられた「城内支援者」さんのコメントが非常に印象的でした。 「城内支援者」さんのご了解をいただいて、コメントの全文を...
2008/07/12(土) 20:43:59 | がんばれ城内実(きうちみのる)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫