<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 蟹工船ブームで急速に左傾化?する若者 
2008年07月31日 (木) | 編集 |
先日、共産党員が増えたというニュースも報じられていましたが、格差問題に対する関心の高まりが影響しているといわれます。

資本主義のもつ矛盾をマルクスは指摘したわけですが、グローバル経済がもたらす弊害をもろに受けているのは若い世代であり、一番敏感に反応しているのです。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
グローバル経済のもたらした弊害は大きいと思う人はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

派遣労働者の救済を掲げる団体は全部、左派系です。

残念ながら保守派は生活問題には無関心、あるいは自己責任論が圧倒的で、派遣労働者などは視野の外です。

この流れは非常に危ういと思いますが、皆様、いかがでしょうか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080731/plc0807310235000-n1.htm

【正論】京都大学教授・佐伯啓思 「マルクスの亡霊」を眠らせるには
 
≪急速に左傾化する若者≫

 若い人を中心に急速に左傾化が進んでいる。しかもそれはこの1、2年のことである。小林多喜二の『蟹工船』がベストセラーになり、マルクスの『資本論』の翻訳・解説をした新書が発売すぐに数万部も売れているという。若い研究者が書いたレーニン論がそれなりに評判になっている。書店にいけば久しぶりにマルクス・エンゲルス全集が並んでいる。私のまわりを見ても、マルクスに関心を持つ学生がこの1、2年でかなり増加した。

 私のように、マルクス主義左翼全盛の学生時代に知的好奇心をやしなった者にとっては、マルクスを「卒業」したところから社会科学の研究は始まったはずであった。そのような時代的経験を経た者からみると、この動向は何か奇妙にみえる。

 しかし、考えてみれば決して不思議なことではない。近年の所得格差の急速な拡大、若者を襲う雇用不安、賃金水準の低下と過重な労働環境、さながら1930年代の大恐慌を想起させるような世界的金融不安といった世界経済の変調を目の前にしてみれば、資本主義のもつ根本的な矛盾を唱えていたマルクスへ関心が向くのも当然であろう。おまけに、アメリカ、ロシア、中国、EU(欧州連合)などによる、資本の争奪と資源をめぐる激しい国家(あるいは地域)間の競争と対立は、あたかもレーニンとヒルファーディングを混ぜ合わせたような国家資本主義と帝国主義をも想起させる。

 ≪「無政府的な」資本主義≫

 この事態を生み出したものは何だったのだろうか。いうまでもなく、社会主義の崩壊以降に一気に進展した金融中心のグローバリズムである。

 資本主義の崩壊、社会主義への移行というマルクスの予言は間違っていると考えていたので、私にとって、社会主義の崩壊は、その時期はともかく、ある意味では当然であった。しかし、その後のいわゆる新保守主義もしくは新自由主義のいささか傲慢(ごうまん)なまでのグローバル市場礼賛は、私にはあまりに危ういものに思われた。絶えず貪欲(どんよく)なまでに利潤機会を求めて拡張を続けようとする資本主義は、過度な競争の果てに、社会そのものを深刻な不安定性の深淵(しんえん)に引きずり込むのではないか、と思われたのである。

 社会主義の崩壊以降の真の問題は、資本主義の勝利を謳歌(おうか)することではなく、いかにして「無政府的な」(つまり「グローバルな」)資本主義を制御するか、という点にこそあったのである。

 グローバリズムは、経済の考え方を大きく変えた。戦後の先進国の経済は、製造業の技術革新による大量生産・大量消費に支えられて発展してきた。賃金上昇が需要を喚起してさらなる大量生産を可能とし、一国の経済政策が景気を安定化したのである。社会は中間層を生み出し、政治は安定した。明らかにマルクスの予言ははずれた。

 しかし、80年代のアメリカの製造業の衰退は、資本主義経済の様相を大きく変えていった。国内での製造業の大量生産ではなく、低賃金労働を求める海外進出によって、さらには金融・IT(情報技術)部門への産業構造の転換によって、資本と労働を著しく流動化させ、そこに利潤機会を求めた。

 ≪「経済外的」な規制必要≫

 その結果、90年代に入って、利潤の源泉は、低賃金労働や金融資本の生み出す投機へと向かった。要するに、製造業の大量生産が生み出す「生産物」ではなく、生産物を生み出すはずの「生産要素」こそが利潤の源泉になっていったのである。かくて、今日の経済は、確かに、マルクスが述べたような一種の搾取経済の様相を呈しているといってよい。

 資本主義が不安定化するというマルクスの直感は間違っていたわけではない。しかしむろん、マルクスの理論や社会主義への期待が正しかったわけでもない。マルクスに回帰してどうなるものでもないのである。

 問題は、今日のグローバル経済のもつ矛盾と危機的な様相を直視することである。市場経済は、それなりに安定した社会があって初めて有効に機能する。そのために、労働や雇用の確保、貨幣供給の管理、さらには、医療や食糧、土地や住宅という生活基盤の整備、資源の安定的確保が不可欠であり、それらは市場競争に委ねればよいというものではないのである。

 むしろ、そこに「経済外的」な規制や政府によるコントロールが不可欠となる。「無政府的」な資本主義は、確かにマルクスが予見したように、きわめて不安定なのである。マルクスの亡霊に安らかな眠りを与えるためには、グローバル資本主義のもつ矛盾から目をそむけてはならない。(さえき けいし)

【人権擁護法案・エセ人権教育反対の街頭活動のお知らせ】

解放同盟の方針を教育現場に浸透させる役割を担ってきた福岡県同和教育研究協議会(県同教)の夏季講座が8月7日開催されるということで、会場前でチラシ配りと街頭情宣活動を行うことを決定し、現在、準備に取り掛かっております。

県同教夏期講座には多くの学校教育関係者・行政関係者が参加します。公費出張がほとんどのようです。

平日ではございますが、一人でも多くの方にご参加いただき、ともに教育の正常化、そして人権擁護法案反対の声をあげたいと思います。

何卒、ご参加および街頭活動の実施に当たり、ご支援をお願い申し上げます。

人権擁護法案を阻止し、教育正常化を推進する街頭活動

日時:平成20年8月7日午前11時から

場所:アクロス福岡前(福岡市中央区天神)

主催:教育正常化推進ネットワーク
責任者:近藤将勝(同ネットワーク事務局長)

連絡先 nameneko21981×yahoo.co.jp


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

ご支援いただいた皆様有難うございました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座に際し、道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行います。

また、秋に文部科学省との折衝を予定しています。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているいるのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

街頭活動用のスピーカーを購入し

他団体にスピーカーを借りずに

いつでも街頭宣伝が行えるようにしたいです。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮しています。


独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


**

↓最近、ランキング下降ぎみです。
教育正常化運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


6・18福岡決戦!在特会が自称強制連行された不逞在日を撃沈!!


【山拓を落選させる会】

山崎拓を落選させる福岡市民の会
http://no-yamataku.sejp.net/


山崎拓を落選させる会


市民の会は若手メンバー中心に取り組まれています。私も賛同し、共に活動しています。
 
山崎拓は部落解放同盟の集会に出席した写真を見ると、解放同盟に選挙支援を受けているという証拠といえると思います。

解同の集会で仲良く並ぶ国会議員


この男は「北朝鮮が核実験やってよかった」と発言したり、今回の日朝協議も評価し、国交正常化などといっています。
 
聞くところでは、同じ福岡の議員がやくざを使えといったとかいわないとか、さて事の真偽は・・・・
応援よろしくお願いします

↓最近、ランキング下降ぎみです。
山拓落選運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
日本共産党員の増加
 共産主義の理想に燃えているのでは無く、単に経済社会での自己の敗北の原因を社会に求めての入党なので性質的には宗教に近いと見ています。

 儲かる仕事、儲けに繋がる趣味や行動様式があって、それらに背いて自己の快楽を優先させた、或いは親子など世代間の価値観の継承が行われずに社会と向き合う事もなく、カネになる職務遂行能力を磨かずに来たツケを革命によって成し遂げよう、というどこまでも安易な道を選び続ける何ともアレな動きです。

 前の世代から次の世代に事業を引き継がないと、次の世代は事業を興すしか生きる道はなく、事業を興すにはカネがいる。カネがあって事業を興しても前の世代の既得権益との戦いがあるので世代間の闘争が起こる。前の世代が既得権益の殻に閉じこもって次の世代に事業を継がず海外からコストの安い奴隷を拾ってくる。官僚は社会を経験しないから政治家・財界の繋がりからグローバリズムって凄い!無限の富を生む!なんて方向に流れても不思議はなく、日本共産党が社会への恨みを持つ若者をどう御するのか、血の革命が非常に楽しみでございますね、位の視線で眺める位で良いかと思います。

 他の山積する問題に対して日本共産党員の増加は急いで対応すべき性質のものでもないかと思うので。
2008/08/01(金) 21:10:40 | URL | 腐敗脳 #-[ 編集]
社会主義革命?
蟹工船ブームで左に行くのはわかるけど、
中央が決めたことが絶対で、批判したら消されるっていう共産党が健全とは思えない。
ttp://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html
共産党の綱領に
「民主主義的改革」から「社会主義的変革」
って書いているのも、時代錯誤に思う。
いくら、議会制民主主義、複数政党制、
政権交代制、を守ると書いても、
疑わしく思う。
どうせなら、社会主義の項目を削除して、
社会民主主義政党と定義して、
党名を日本労働党にしてみろってんだ。

政策自体は、イギリス労働党やアメリカ民主党
と似た事をやっているのに、イメージで損をしている。
2009/07/04(土) 16:11:27 | URL | オイオイ #.SkkPQig[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫