<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国民運動は党派伸張のためにあるのでない
2008年08月10日 (日) | 編集 |
先日書いた私の考えの続きとして、最近の考えを公にしたいと思います。

私が平成11年から保守運動に関わってきたのは、日本の再建を目指し、アメリカ・近隣アジアから独立した国になることを目指している運動だと思ったからです。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
エセ人権教育・人権擁護法案糾弾街頭活動
応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

いろいろ組織内で紆余曲折はあり、波はあったものの、継続してきました。

ブログを書き始めたのは、人権擁護法案の問題が浮上しようというときで、ある方が三島由紀夫などについて書いておられたのを見て、時事問題や運動に対する自分の考え、思いを発信しようと開設しました。

以来、一貫して人権擁護法案と同和について他のブログにないローカルな視点で抉り続けてきました。

そのため執拗に嫌がらせや圧力もかかりました。

それでも全国の方からのご声援・ご支援に支えていただきながら、ここまでやってまいりました。

いろいろな方と出会いました。途中で音信不通になった方もいました。

私自身の至らなさがあったと思います。

私の教育問題への関心は、昔、中学生のときに、ひどいいじめにあって、「非力」「無知」であることがこれほど惨めなのかを痛感した経験があります。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
エセ人権教育・人権擁護法案糾弾街頭活動
応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

教師からはお前が悪いと疑いの目を向けられ、教師の「怠慢」を批判したら、何!タイマン?と、喧嘩するぞというほうのタイマンと勘違いされてトイレで殴る蹴るされたことなど辛かった思い出としていまでも思い出されます。

その教師たちは同和教育・同和運動には熱心だったけれど、本当に苦しんでいる悩んでいる生徒を見捨てた。

私の同和批判はそこに原点があります。

私は教育の正常化を掲げていますが、最終的に日本の国そのものを正常化することであり、これまでの解放同盟のやってきたこと、現状でもあることは一つ一つ検証して是正させるべきはさせる取り組みをする、これはあくまで取り組むひとつに過ぎません。

私の場合、教育や拉致、人権関係とある程度、専門テーマを持って取り組んできましたが、原爆問題についてここで取り上げるのが「意味のない」ことなのか、それは最初からこのブログをまともに読んでいないのではないでしょうか。

そして、これはハッキリさせておきたいですが、この運動は党派的勢力の伸張に利用されるべきものではないということを明言しておきたいと思います。

党派勢力拡大になるから取り組むとか、あるいはしないというのは邪道です。

最近、そういう傾向が国民運動に見られることには違和感を感じています。あるいは派閥争いのようなこともあります。

費用対効果は考える必要がありますが、党勢拡大になるからたとえば人権擁護法案反対運動するとか言うのは明らかにナンセンスであり、支持団体や政党を超えて集まった人に失礼であろう。

関わってきた人を取り込むための手段ならば国民運動を偽装したようなやり方はおかしい。

人権擁護法はもともと組織に所属していないごく普通の人たちも数多く参加していたのが他の問題と違っていました。

平成17年当時から活動しているので、その経緯はよく知っています。

解放同盟などの推進勢力が組織体である以上、バラバラ個人では対抗できません。

団体なりグループの必要性が出てきました。
しかし党勢拡大は趣旨が違うんではないかと思います。

私はめちゃくちゃやっているようですが、他の団体の事情や自身のおかれた立場なども考えながら、ギリギリでやっています。

多くの活動は超党派というか「連合体」で推進されており、個々の団体の事情が違います。それを纏めていく立場の人の苦労は並大抵ではないでしょう。

私などは言いたい放題ですが。

先日、私は無許可街宣で警察から警告を受けました。次は検挙すると。

私一人なら捕まろうが、いいかもしれない。しかし、いろいろな方が期待をしてくださってます。

厳しく批判している公務員にも多く声援を送っておられる方がいます。内部しか知りえない情報を寄せていただくことにより、かなり実態が明らかにさせることが」できました。

そうした共感している方たちの思いも考えなければいけません。

私が潰されたら、福岡における同和行政正常化はストップします。
人権擁護法案反対と同和行政正常化は一体でなければ成功しません。

ストップしたら喜ぶのは誰でしょうということです。
目指すところは何か、大きく物事を見なければ道を間違えてしまいます。

そのことを肝に銘じながら、批判を受けても取り組んでいきたいと思う。

【8・7エセ人権教育糾弾街頭活動のご報告】

7日のエセ人権教育糾弾の街頭活動は、初めて同和教育の集会の間の前で公に行いました。5名の参加でした。

平日で、ブログmixi以外では、当日に日本再生ネットワーク関係のメルマガで紹介されただけでしたので、果たして何人集まるか不安でしたが、5名の方が集まってくださったので、心強いなかで展開することができました。

市民の連帯の伊藤代表と在日特権を許さない市民の会の会員の方、いかるが議員の関係の方、mixiの呼びかけで参加した高校生と私でした。

蒸し暑い中、汗だらだらで、伊藤さんと私とでかわるがわる演説を行いました。

伊藤さんは、福岡の学力が以下に低いか、学校では歴史上の偉人の伝記が学校図書館から消えていっていることなどを紹介され、教育が蝕まれていると訴えられました。

また、県同教に対して、ぜひこの場に出てきて反論なり聞かせてほしいとも訴えられました。



私のほうは、部落解放同盟と緊密な連携をしている県同教が760万円もの補助金を県から市町村からの上納金もあり、行政丸かかえで偏向教育を推進していること、拉致事件でなく在日朝鮮・韓国人の強制連行やジェンダーフリーなどを教えている、それは旧社会党のイデオロギーを教育を通じて現場に流布するものだと申し上げました。

また、福岡県同和教育研究協議会は、部落解放基本法の制定要求以降、一貫して人権擁護法案を推進してきており、そうした政治活動を行うことが研究団体といえないことは明らかだと指摘しました。

さらに、田川の事件や筑前町三輪中学の事件は歪んだ同和教育が背景にあると訴えました。

街頭で配布したチラシは、子供の権利条例に関する二色刷り両面のビラで、結構、反響がありました。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
エセ人権教育・人権擁護法案糾弾街頭活動
応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

話を聞いていて自ら受け取りに来られる方も少なくなかったです。

部落解放同盟や県同教の人たちも何度もうろうろして見に来られていました。

昼食後に私と高校生とで県同教講座の参加申し込みをしてパンフレットを入手しました。

後援に、福岡県・福岡県教育委員会・福岡県市長会・部落解放同盟・福岡県教職員組合自治労福岡県本部・NHK福岡放送局・民放テレビ各局・新聞社までが後援しておりまさに同和教育体制を官民一体で支えているのです。

県同教夏季講座の終了後4時まで行いましたが、3時半過ぎに我々の街頭活動中に、筑前町教育委員会の名前の入ったマイクロバスに10数名の職員が乗り込んでいきました。

すぐ至近距離でこちらのほうをしきりに職員らは気にしていました。

そこで、私は三輪中の事件で男子生徒の自宅に弔問に訪れたこと、朝倉の同和教育は間違っていることをバスが走り去るまで訴え続けました。

今回の活動は、特段トラブルもなく、終えることができました。

チラシを配る方も、暑い中、一生懸命配っていただいてありがたかったです。

また、慣れない中で、重い道具を持ち運びして、動画も撮影してくれた高校生、有難うございました。

今後も教育正常化推進ネットワークは人権擁護法案阻止運動を展開していきます。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

ご支援いただいた皆様有難うございました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座に際し、道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

街頭活動

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているいるのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

街頭活動用のスピーカーを購入する方向で進んでいます。

他団体にスピーカーを借りずに
いつでも街頭宣伝が行えるようにしたいです。

福岡県同和教育研究協議会への県からの760万円もの補助金、市町村からの市町村支部からの補助金の上納金によって、同和教育運動は機能しています。

つまり行政からのカネの流れを断ち切ると運動がしぼむ訳です。

解放同盟の影響力を消滅させるにはそれしかありません。

住民監査請求とおそらく負けますから次こそ

行政訴訟をしたいと思っています。

同時に国に対する働きかけを強化し ます。

3月の文部科学省との交渉では、

人権教育担当の児童生徒課は日教組・解同よりの発言を繰り返し、

国会議員からも批判を受ける状況でした。

再度、秋をめどに上京を考えています。


私は口出しされず他者に仕切られずに活動したいと思います。

独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


**

↓最近、ランキング下降ぎみです。
教育正常化運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


6・18福岡決戦!在特会が自称強制連行された不逞在日を撃沈!!


【山拓を落選させる会】

山崎拓を落選させる福岡市民の会
http://no-yamataku.sejp.net/


山崎拓を落選させる会


市民の会は若手メンバー中心に取り組まれています。私も賛同し、共に活動しています。
 
山崎拓は部落解放同盟の集会に出席した写真を見ると、解放同盟に選挙支援を受けているという証拠といえると思います。

解同の集会で仲良く並ぶ国会議員


この男は「北朝鮮が核実験やってよかった」と発言したり、今回の日朝協議も評価し、国交正常化などといっています。
 
聞くところでは、同じ福岡の議員がやくざを使えといったとかいわないとか、さて事の真偽は・・・・
応援よろしくお願いします

↓最近、ランキング下降ぎみです。
山拓落選運動を応援される方はクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
先日書き込みをさせて頂いたものです。
結論から書かせていただきますと、このまま行けば活動は
尻すぼみで支持者が減り続けます。

理由は、なめ猫さんの活動が個人の限界に達していることと、
考え方が極めて偏向しはじめているからです。

先日私は、曲がりなりにも体を張って活動しているなめ猫さんを評価し、敬意を抱いているからこそ最近の保守派の衰退と合わせて、きわめて丁寧に苦言を呈させていただきました。

それに対してなめ猫さんは
「実名をさらさない人間の言論に価値はない」と切り捨て、IPの発信元をさらして自分のブログで糾弾し、恥を晒させるという行動に出られました。

それは同和の糾弾会と、教師という立場を使ったいじめと何が違うのでしょうか?ミイラ取りがミイラになった瞬間です。

実名でなければ批判を受けない、というのであればコメント欄を今すぐ閉鎖するべきです。

最近では毎日新聞と、爆笑問題の太田氏が同様の発言をされていましたが、なめ猫さんは社会的に立場があるか、それなりの活動をしていなければ発言権を認めない、という彼らと同じ考え方なわけですね?
それは社会的弱者すべての発言を認めない、ということです。


私がアメリカの原爆について言ったのは、何もそれだけを取りざたしてどうのということではないです。
教師の教育者としてのありようを変えたい、という信念ではじめたのならそれをまず成し遂げてから次の活動、また次の活動とやっていかないと、何も達成できないのではないか、という心配からです。

政治活動はきわめてデリケートで、主義主張が違うと即敵対しやすいものです。また日本人の間でも政治活動に抵抗がある人が極めて多い現状で、いかに敷居を低くして多くの人たちを仲間に引き込み、議論を促すかが重要なわけです。

一部の保守言論にウけることを主張しても、大多数の無関心な人たちを引き込めなければ政治は動かせないのです。

そのために一番確実なのは金を、実益をばら撒くことです。
しかしそれはできないし、やらないわけですよね?
ならば、ただただ日本の教育をどうすれば自分のような辛い思いをする人間を減らせるか、を考え続けることのみがその目標を達成できるのではないか、と私は考えたわけです。その一念の強さがカリスマ性につながってくるのだと思います。

今の読みにくいサイト構成や、街宣的な堅苦しい言い回し、
無関心な人をひきつけるユーモアのなさ、そういうものを改善し、小学生でも分かる文章にしなければ誰もついこないと思います。サヨクはそれをファッションにして、歌や服装や芸能に織り込んでここまで思想を浸透させましたが、その巧さは見習うべきです。

そのためには目的の単純化が必須なわけです。ですので、アメリカがとか在日朝鮮人が、というのはわかります、わかりますが一旦おいて、今は福岡の同和教育改善に傾注するべきと思ったのです。

長文失礼しました。
福岡の同和教育をここまで表沙汰にしたことは、評価されるべきですし誇るべきことです。だからこそ初心を忘れずに頑張って欲しいと思います。

名も無き一人の民草としてあなたを応援しています。
2008/08/10(日) 18:18:44 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 拙者はこれまで維新政党:新風を支持してきたし・これからも支持して行く!  しか
2008/08/10(日) 16:25:18 | EmpireoftheSun太陽の帝国
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫