<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 中山氏の発言がどこが問題発言か、選挙目当ての言論ファシズムの異常な空気 
2008年09月28日 (日) | 編集 |
今回の発言についてマスコミ・与野党・国民、これこそファシズムという感じです。

どこが問題がある発言なのか。そういう異常な空気が漂っていることはよくわかりました。

いまはなにを差し置いて経済対策。主義主張や思想は邪魔。

外国勢力は舌なめずりしてこの状況を見ていることでしょう。

今回は産経新聞も含めてマスコミの民主党・官公労擁護姿勢がハッキリ見えました。



明日29日に福岡市内で緊急の中山発言を支持する街頭活動を行います。

<中山発言を支持する街頭行動のお知らせ>

平成20年9月29日午後3時~ 

福岡市中央区天神ソラリアステージ前 

雨天決行 雨具を着て行います


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

日教組の連中が勢いづいており、保守派はこういうときこそ支持をしなければいけないはずですが、魔女狩りのような雰囲気を前に何もいえない議員・閣僚だらけ。

麻生首相も本心かどうか別として不適切だといわれましたね。

この問題は、日教組問題を追及している私にとってそれを否定されるわけにはいきません。

クライン孝子先生がブログとメルマガで私の発信したメールを紹介してくださったのは、ありがたかったです。

クライン孝子のさるさる日記:■2008/09/26 (金) 中山国交相の発言、どこが問題?
http://www2.diary.ne.jp/user/119209/

転送していただいた「教育再生地方議員と市民百人の会」の顧問はまさに渦中の中山大臣で、発信されている内容をご自身お読みになられていると聞いております。

私も現在、会員ではありませんが賛同者です。感謝です。

http://www1.ocn.ne.jp/~h100prs/party/sannka-komon.htm

≪国会議員(顧問)≫ 全ての議事録

氏  名 所   属
特別顧問
中山 成彬 衆議院議員 前文部科学大臣
大前 繁雄 衆議院議員 2代目理事長



http://www1.ocn.ne.jp/~h100prs/party/sannka-kakukai.htm

福岡県

近藤将勝 日本の心を育む会 ・・・



鬼の首をとったかのようにマスコミも野党も批判し、公明党、自民党までもが「仰せの通りです」と媚びています。

これが自民党の情けないところですが、少なからぬ保守色の強い議員はホンネでは中山発言のどこが間違い?と思っていると思います。

公明党が今回も決定的な役割を果たしています。北側幹事長は、今日午前のNHK日曜討論でも「不見識な発言」といっています。

産経新聞政治部の阿比留記者のブログで紹介されていた2年前の記事は、じつはその記事の解説に福岡や広島の同和教育団体への研修名目の教員派遣問題について言及されており、もし地公法が改正されれば、彼らの息の根が止められたはずなのでした。

それも含めて創価学会の選挙運動のために公明は裏切り、潰してしまったのです。

中山国交相の辞任と日教組の味方、公明党
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/734039/

《地方公務員法 首相、改正に意欲 選挙資金集め罰則も[ 2006年02月09日 東京朝刊 総合・内政面 ]

小泉純一郎首相は八日の衆院予算委員会で、山梨県教職員組合による選挙資金集めに関連、「地方公務員も国家公務員もその使命に変わりはない。本来の職責に専念するのが筋だ。罰則を含めて、与党でもよく検討してもらいたい」と述べ、地方公務員法や教育公務員特例法などの改正検討を与党に促した。

民主党の輿石東参院幹事長を支援する目的の山教組の資金集めをめぐっては今年一月、甲府簡裁が政治資金規正法違反(虚偽記載)で、現職教員である山教組の財政部長(46)と山教組の政治団体、県民主教育政治連盟の会長(76)に対し、罰金(三十万円)の略式命令を出した。しかし、地方公務員法など関連法では、こういった事例での罰則規定はない。自民党内では国家公務員法並みの罰則規定を盛り込んだ改正案提出の機運が高まっているが、公明党は難色を示している。

また、地方公務員法は、勤務時間中に組合活動に専従する「在籍専従」制度も認めている。小坂憲次文科相は、在籍専従の山教組財政部長が政治団体の資金管理をしていた問題を受け、「制度の趣旨に沿った運用がなされていないなら問題だ。必要に応じて調査を行い、指導を厳しく行っていきたい」と述べ、実態調査を行う方針を表明した。札幌市の教員が、教員給与を受け取りながら任意団体の業務に従事していた問題では、「教員の長期研修の全国的な状況について調査、把握することが必要だ。不適切な事例が明らかになった場合は厳正に対応したい」と述べ、教員の研修に関する全国調査を行う考えを明らかにした。

宮路和明氏(自民)の質問に答えた。》



おそらく日教組を知らない国民の多くは中山氏の発言をトンでもないことだと思っているでしょう。

しかし、中山氏は撤回しないといっているのは頼もしいもので、今後は一議員の立場で頑張っていただきたいです。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

今回の中山成彬元国土交通相の「日教組解体」発言はまさにそのとおりです。戦後、社会党の中核組織といってよい「自治労」「日教組」「部落解放同盟」。なかでも日教組は共産主義思想を児童・生徒に吹きこんで教育を混乱させた張本人です。

中山元大臣の仰るように日教組は教育のガンでぶっ潰さなければ、国民は真の意味で目覚めません。

わが福岡県は随分、日教組に苦しめられ、いまなおその後遺症に悩まされています。力の衰えた教組に代わり、部落解放同盟が公然と介入し、まるで指図をするかのような振る舞いをしています。

今年もそろそろ、県および市町村で交渉が行われます。

教育の正常化にはこれら旧態依然とした「思想利権」「差別利権」構造を解体する必要があります。一昨年来、取り組んでいる児童・生徒支援加配教員の服務の正常化や人権同和教育の見直しはその一環で、運動体と癒着し、馴れ合う県教委の襟を正させる活動を展開中です。

政治状況の大きな変動で、予定していた文部科学省や与野党国会議員への陳情行動は無期限延期しておりますが、中山大臣発言を受けて、地方レベルから教育をゆがめる勢力と対峙していきます。

高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡県の同和教育について簡単にまとめた資料集を出そうと思っています。

情報公開請求で入手した文書類も収録したいと思っています。いかに解放同盟が教育に介入しているか。

県庁に仕事納めの挨拶までさせており、久留米市では学校の研修会に解放同盟を名乗る男が参加していたともいいます。県教委やPTAなどに自浄能力は期待できません。

編集にお詳しい方、お力をお貸しください。福岡県内はもちろん、全国に頒布したいです。


同時に国に対する働きかけを強化し ます。

スピーカーはおかげさまで購入することができ

ました。

この場におきましてご支援を賜りました皆様に

お礼申し上げます。

福岡をはじめ教育正常化を

重点目標に掲げて活動していきます。

9月29日にも街頭活動を行います。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html

このサイトはテーマは政治や教育、社会科学などと幅広く、私も拝見させていただいております。

これまでの主な執筆者は

百地章 氏(日本大学教授)
桜林美佐 氏(ジャーナリスト)
遠藤 浩一氏(拓殖大学教授)
西村幸祐氏(ジャーナリスト)
城内 実 氏(元衆議院議員)
上島嘉郎氏(産経新聞『正論』編集長)

など多彩な顔ぶれです。

マイミクの伊藤純子伊勢崎市議会議員、いかるが卓徳大野城市議会議員も当該サイトにご論考を寄せておられます。

過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
                      
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中山成彬氏を圧殺した勢力 「極めて残念だ」と麻生首相 国交相辞任   「日教組が強いところは学力が低い」などと発言し、野党から辞...
2008/09/29(月) 15:34:43 | 博士の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫