FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 人権センターは中立・公正といえるのか
2006年05月11日 (木) | 編集 |
 すでに報道されているので御存知の方も多いと思いますが、大阪で乱脈同和行政の表面化が相次いでいます。

 最近も芦原病院の民事再生法申請や「飛鳥会」(同和対策の駐車場管理)横領容疑で理事長で解放同盟支部長の逮捕などかつては表に出なかった問題が公にされました。明らかな不正や出鱈目経営はタブー視してはならない問題ですが、一見、人権尊重のために貢献していると思われる事業についても問題は少なくないと思います。

 先日、草莽崛起 ーPRIDE OF JAPANで大阪の堺市の「平和と人権資料館」から日本の加害を強調した展示内容が撤去されたというニュースが取り上げられていましたが、全国で建設されている人権センターは中立的とはいい難い内容のところが多いと思います。

★「堺市立平和と人権資料館」から加害展示がなくなった
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-350.html

 有名なリバティ大阪や福岡でも財団法人福岡県人権啓発情報センターが経営するヒューマンアルカディアなど各地に存在する人権センターの多くは、特定の団体の主張に与しているといわれても仕方ない展示内容や蔵書で占められています。

クローバープラザ表札


 私は人権教育そのものを否定するわけではありませんが、取り上げている内容が人権問題の範疇としてあまりに狭いように感じます。

 福岡のヒューマンアルカディアは設立は平成8年5月で、比較的新しくできました。平成14年に県から派遣していた職員を嘱託職員に切り換え、平成15年に共同で入居している福岡県地域福祉財団と福岡県女性財団と管理部門を統合するなど経営のスリム化を進めてはいるものの、肝心な利用者は平日も休日も利用者は少ないです。

 常設展示室には同和問題の展示があり、江戸時代の被差別部落の方々の生活の様子が音声ガイドや展示物で伝わるように工夫がなされています。また福岡県における水平社運動から戦後の部落解放同盟の運動、現代の人権問題までパネルや関係資料を見ることで、当時の状況がリアルに伝わります。

 たとえば象徴的なものでは、部落解放運動のシンボルである荊冠旗も展示されています。

 しかし、リバティ大阪同様、日本国外の人権問題については全く扱われていません。現在進行形で行われている中国や北朝鮮の人権問題はどこにも出てきません。

 先日取り上げた久留米市のえーるピアに男女平等センターと同居する人権啓発センターも同じです。

 こちらは開館が平成13年と県のセンターより新しいのですが、展示内容は同和問題を中心に、ジェンダーや障害者の問題を扱っています。

 驚いたのは、初詣や七五三で地元では有名な高良大社が被差別の状況に置かれていた方たちを隷属させていたというパネルの存在です。

 神社関係者のなかにはこの展示に対して不快感を露にする方もいらっしゃるようです。この問題についてはまだ私も勉強不足で、歴史的経緯を掘り下げて、検証をしなければいけませんが、京都の宮津市で問題となった清め塩のように差別を助長するという理由で伝統的な習俗・文化が否定されていく傾向が近年とくに強まっているように思います。

★神社オンラインネットワーク連盟↓
http://www.jinja.or.jp/jikyoku/kiyomesio/jinken.html

 ジェンダーフリーの観点からおひな祭りやこいのぼりも差別とした啓発パンフをつくった文部科学省所管の財団もありました。

 地方公共団体の所管する財団法人などが管理運営する人権センターの展示内容や置かれている書籍やビデオ、センターの主催する講演会などに対しても目を光らせなければいけないと思います。

↓人権センターの管理運営を見直すべきと思う方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓日本のよさを守る女性議員を~女性塾を応援します↓
女性塾バナー


↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/12(金) 23:33:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一応、どういう事件なのか纏めますと、典型的な濡れ手に粟の同和利権in大阪。しかも30年間黙認。大阪市同和対策 駐車料金横領の理事長逮捕 産経新聞≪三菱東京UFJ銀の課長が手助け≫大阪市の第3セクター「大阪市開発公社」が市有地の西中島駐車場(淀川区)....
2006/05/12(金) 13:26:01 | Birth of Blues
 5月11日(米時間)ブッシュ米大統領が、中国の人権活動家をホワイトハウスに招き面会。1時間を超える異例の会談となった。米大統領によるこの日の面会は、中国の人権問題に対する米政府の大きな意思表示となった。
2006/05/12(金) 23:27:27 | 博士の独り言
大阪市、飛鳥会以外に「隠れ同和対策」5事業を委託市開発公社から直営駐車場の管理を委託された財団法人「飛鳥会」を巡る業務上横領事件で揺れる大阪市が、事実上の同和対策として、有料橋のモニター監視や、地域の清掃業務など5事業を、法人格のない市内12地域の「人権
2006/05/13(土) 07:48:53 | ねこまんま
 5月9日、ニューヨークの第60回国連総会で第1期の人権理事会が発足。中国が、146票(参加191ヶ国)で理事国に当選。その後発表された同国の外交談話は「中国政府は一貫して自国人民の人権と基本的自由を強く重視し、その促進と保護に尽力するとともに、国際人権分野の対話
2006/05/13(土) 22:50:00 | 博士の独り言
米下院委員長の靖国懸念見解 日本政府側「影響ない」(朝日新聞 5/13)A級戦犯「分祀を検討」 古賀遺族会長が提言へ(朝日新聞 5/13)日本遺族会会長の古賀誠元自民党幹事長
2006/05/14(日) 08:15:55 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
鬼に金棒、ヤクザに人権「人権」「暴力」で威圧 財団理事長逮捕http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060508-00000032-san-soci 「行政、食い物に」 捜査幹部 三十年もの間、「なれ合い」とも呼べる契約で特定の財団法人に業務委託していた大阪市の駐車場の随意契約問題
2006/05/15(月) 05:51:31 | ぽわんぽわんぶろぐ
アーチを組んだ石造りの頑丈な家は地震のような大きな外力に強く、解体しようとしても中々大変である。戦後日本人の精神構造はこの家のように頑丈で、変えようとしても変えるのが極め
2006/05/15(月) 12:09:45 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫