<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 古賀誠への対抗馬、野田国義氏に対して社民系労組は抵抗感残る
2008年10月10日 (金) | 編集 |
古賀誠への対抗馬、野田国義氏は私の活動や思想信条にも随分と理解をしてこられた方だっただけに複雑な心境です。

例の解放同盟所属の係長の事件で記者会見で20年も異動がないことを「異常なことだ」といい、解放同盟が自治労と行政を牛耳ってきたことを明らかにされたのは大変な功績でした。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

西村幸祐先生編集の『反日マスコミの真実2』(オークラ出版)の拙稿にも野田氏のことは紹介しています。

またご自身が『正論』「産経新聞」の熱心な読者で、思想的には保守的でややリベラルでした。

記事中にあるように八女市職労で反発する者がいるのは当然のことでしょう。



http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/52524

社民系労組の取り込み躍起 福岡7区の民主・野田氏 市長時代、行革で対立

 次期衆院選で自民党現職の古賀誠選対委員長を相手に、民主党が「最重点区」と位置付ける福岡7区。同党公認で立候補予定の野田国義前福岡県八女市長は8日、同11区から社民党公認で立候補予定の山口はるな氏とともに、連合福岡と政策協定を結んだ。野田氏は市長時代に行財政改革を進め市職員労組と対立。社民系が強い7区内の労組内にはわだかまりも残る。7区と11区は社民系労組の牙城。民主は、両区の連携強化で労組票を取り込む戦略を描く。

 「7区と11区は(連合を交えた)三者協力の象徴となる選挙区だ」。8日、野田、山口両氏と政策協定を交わした席上、連合福岡の山口正三会長はこう強調してみせた。野田氏も取材に「大牟田は労働団体が強く、ありがたい」。

 野田氏は先月末の立候補表明後、連合や自治労県本部の推薦を得たほか大牟田、八女、柳川・みやまの各福教組支部とも政策協定を締結。労組の支援を着々と取り付けているが、現場レベルには冷めた空気も漂う。

 4期約16年の市長時代、「改革派」として職員給与3%カットを2005年度から2年間実行。人員削減のため採用をゼロにした年もある。前回市長選で、八女市職労出身の元市議と一騎打ちとなった遺恨も残る。

 先月28日、八女市役所の1室。「過去の経過を含め協力をお願いしたい」。野田氏は、これまで労使交渉で顔を突き合わせてきた市職労幹部に頭を下げた。幹部は握手で応じたが、推薦を決めた今月2日の代議員会では賛成の挙手をしない者もいた。別の幹部は「推薦した以上、支援はするが、一般組合員の心中は複雑だ」と明かす。

 古賀氏の元秘書でもあり、保守色が強い野田氏にとって労組、とくに社民系票の取り込みは勝敗のカギを握る。

 古賀氏の地盤である大牟田市は、市議会の社民系会派が7人(民主系1人含む)で自民系会派と同数の第一会派。同市内では社民系労組が選挙の実動部隊となる。同じく同県内で唯一、社民公認を民主が推薦する11区も、旧社会党時代から国会議員を輩出してきた。

 05年の前回選挙で、大牟田市での古賀氏と民主候補の票差は約5000。民主県連幹部は「11区をてこ入れすれば、逆転可能」と強気の構えだ。

=2008/10/09付 西日本新聞朝刊=

<企画中案件へのご協力のお願い>

現在、進めている福岡県の同和教育について簡単にまとめた資料集を出そうと思っています。

情報公開請求で入手した文書類も収録したいと思っています。収録する文書を選んでいる段階です。いかに解放同盟が教育に介入しているか。

県庁に仕事納めの挨拶までさせており、久留米市では学校の研修会に解放同盟を名乗る男が参加していたともいいます。県教委やPTAなどに自浄能力は期待できません。

編集にお詳しい方、お力をお貸しください。福岡県内はもちろん、全国に頒布したいです。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

中山元大臣の仰るように日教組は教育のガンでぶっ潰さなければ、国民は真の意味で目覚めません。

教育の正常化にはこれら旧態依然とした「思想利権」「差別利権」構造を解体する必要があります。一昨年来、取り組んでいる児童・生徒支援加配教員の服務の正常化や人権同和教育の見直しはその一環で、運動体と癒着し、馴れ合う県教委の襟を正させる活動を展開中です。

福岡では今後も人権擁護法案とともに日教組批判のビラを作成し、街頭やポスティングによる配布を継続します。

ビラ

ビラ3

市民に真実を知らせる必要があります。

わが福岡県は随分、日教組に苦しめられ、いまなおその後遺症に悩まされています。力の衰えた教組に代わり、部落解放同盟が公然と介入し、まるで指図をするかのような振る舞いをしています。

今年もそろそろ、県および市町村で交渉が行われます。

この活動は高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。



福岡をはじめ教育正常化を

重点目標に掲げて活動して おります。

開示請求や道路使用許可の申請が控えております。

人権擁護法案反対とともに中山先生の

日教組発言を支持する街頭活動を展開中です。

情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。

独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、

カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ    


<日教組糾弾集会のお知らせ>

10月16日に東京で情報をいただきました。東京にて緊急集会が開催されます。

日教組を徹底的に糾弾していきましょう。
日本のガン日教組の偏向教育を正す
日教組を糾弾する緊急国民集会

日時  平成20年10月16日(木) 18:30~20:30 (18:00開場)
場所  文京シビックホール 小ホール

 (東京都文京区春日1-16-21  電話:03-5803-1100)
                 東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩3分
                 都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  徒歩3分
                 JR中央・総武線 水道橋駅 徒歩8分

            
基調講演   小林 正(教育評論家・元参議院議員)

登壇者    古賀俊昭(東京都議会議員)
伊藤玲子(建て直そう・日本 女性塾  幹事長)
鷲野一之(元東京都学校経営支援センター アドバイザー)
犬伏秀一(大田区議会議員)
司会      三輪和雄(日本世論の会会長)
先着370名     入場無料(カンパ歓迎)

中山成彬国交相が「日教組は日本の教育のガン」などと発言したことを批判され辞任に追い込まれました。しかし、発言内容は正論であり、中山前国交相も「撤回するつもりはない」として反撃に出ています。学力の低下、規範意識の崩壊、いじめ・不登校・校内暴力等の多発。わが国の教育荒廃の元凶は日教組です。日教組支配を断ち切らなければ教育の再生はありません。日教組を徹底的に糾弾し偏向教育を正します。

 主催   日教組糾弾緊急国民集会実行委員会
 協力団体
 日本会議・日本教育再生機構・日本政策研究センター・昭和史研究所 全日本教職員連盟・東京都教師会・全日本教育問題協議会・百人の会 日本文化チャンネル桜・新日本協議会・戸塚ヨットスクール・日本世論の会 湘南やまゆり学園・安岡教学研究会・世界に史実を発信する会・漁火会 中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める会・二宮報徳会 日本保守主義研究会・建て直そう日本女性塾・美しい日本をつくる会 外国人参政権に反対する会・神奈川教育正常化連絡協議会
    
ぜひ、ご参加ください。詳しい続報は今後当ブログで紹介していきます。



【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

中山前大臣の発言にあった大分県は日教組が強く学力が低いはこういう実態があるということを纏めています。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html

このサイトはテーマは政治や教育、社会科学などと幅広く、私も拝見させていただいております。

これまでの主な執筆者は

百地章 氏(日本大学教授)
桜林美佐 氏(ジャーナリスト)
遠藤 浩一氏(拓殖大学教授)
西村幸祐氏(ジャーナリスト)
城内 実 氏(元衆議院議員)
上島嘉郎氏(産経新聞『正論』編集長)

など多彩な顔ぶれです。

マイミクの伊藤純子伊勢崎市議会議員、いかるが卓徳大野城市議会議員も当該サイトにご論考を寄せておられます。

過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
大分県の同和教育
>現在、進めている福岡県の同和教育について簡単にまとめた資料集を出そうと思っています。

大分県も人権教育と言えば同和教育しかしない所です。
宇佐市立長峰小学校で事務をしていたときは、日教組や解同
などのほか、県職や市職などの組合で解同が関与する民主
党候補者の議員選挙のための得票をさせられたことがありま
す。どうして人権教育は同和教育しかしないのか?わかりま
せん。大分県農業技術センターの県職組合副支部長や大分県
水産試験場の支部長は当時「同和教育しかやらない人権
研修なんか出席しなくていい!」と言い切っていました。この
ように堂々と同和教育を非難する人が増えるといいです。

2008/10/10(金) 22:15:09 | URL | 三浦 恵 #mQop/nM.[ 編集]
ほんとうに、そのように、正しいことを当然として発言する方が増えるといいですね。

今までは、マスコミでも地域でも、吊るし上げ、団体で責められるのが恐くて、タブーでしたものね。
2008/10/12(日) 17:59:55 | URL | ポン多 #HhRZqxPY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫