<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 広島県尾道市教委に激励を
2008年10月23日 (木) | 編集 |
広島県の教育は再び組合の影響が強まりつつあるという指摘があります。これは福岡なども同じですが、かつての組合の闘士が思想はそのままに偽装して管理職や教育委員会事務局に入り込んでいる実態があるからです。

平和カレンダーなる代物は偏向教育のツールです。全国で組合系団体が作成する夏休みの学習帳なんかと同じですから、教育委員会が毅然と対応するのは当然です。

尾道市教委に激励をお願いします。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

「ゲン」のカレンダー撤去で抗議 教組系団体、県教委に

 広島県尾道市の市立中学校で、中沢啓治さんの被爆体験を基に描かれた漫画「はだしのゲン」を題材にしたカレンダーの掲示を学校側が中止させたのはおかしいとして、作製した広島平和教育研究所(広島市)が21日、県教育委員会に文書で抗議する。

 研究所は、広島県教職員組合の委員長が理事長を務め、組合員らで構成。原爆や平和をテーマにした「ヒロシマ平和カレンダー」を、1982年から希望する県内の学校に毎年寄贈。今年は中沢さんが99年版に書き下ろした絵を再び使った。

 尾道市教委は2003年「組合系団体が作製しており、教育の中立性確保から好ましくない」として、市内の小中学校長に撤去を指導していた。

 校長によると、同校で今月10日開かれた公開授業研究会の前に校内を点検し、音楽室に掲示されたカレンダーを外すよう職員に命じた。「中沢さんに申し訳ないし、平和教育も否定しないが、他校でも認めていないのに張っていたら混乱すると思った」と話している。

■広島県尾道市教育委員会事務局

 〒722-8501 広島県尾道市久保一丁目15-1

 電話:0848-20-7454 FAX:0848-37 -3004

 メール:http://www.bbbn.jp/?obe/mail/index.html


花うさぎの「世界は腹黒い」さんに、 16日の日教組糾弾集会について写真入で紹介されています。
日教組糾弾国民集会


日本が普通の国になるように。産経新聞を応援しています。
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/757923

<自民党本部での教育シンポジウム>

全国教育問題協議会が今年は自民党本部でシンポジウムを開催されます。

あの民主党の輿石東参院幹事長へのカンパ問題の山梨県から現職の先生が登壇なさるそうで、16日の集会に続いて日教組問題について踏み込んだ話が出るだろうと思います。

第28回全教協教育研究大会 どうする!!これからの日本の教育

―失われた日本人の心の再生をめざして―」

日時:平成20年10月26日(日) 13:00~16:00

主催 社団法人全国教育問題協議会

講師 保利耕輔氏(基調講演:衆議院議員)
   植田宏和氏(全日本教職員連盟委員長)
   畑川茂氏(山梨県現職教員)
   伊藤玲子氏(元鎌倉市議会議員)
   椛島有三氏(日本会議事務総長)

コーディネーター:小林正氏(元参議院議員)

会場:自由民主会館 8階大ホール

   (東京メトロ半蔵門線 有楽町線永田町駅下車 徒歩2分)

   〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23 電話:03-3581-6211

入場料:500円(資料代)

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費と金銭的に厳しい状況です。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

教育正常化の運動は、人権教育の是正にあると考えており、小冊子の作成と福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日、9月23日、29日と連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

<8・14活動の動画>


女子学生さんの演説(^^)♪


高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

福岡では今後も人権擁護法案とともに日教組批判のビラを作成し、街頭やポスティングによる配布を継続します。

ビラ

ビラ3

市民に真実を知らせる必要があります。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。


会の印鑑、団体名を入れた印刷した封筒、

のぼり、横断幕など備品の購入に

かかる資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     




【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

中山前大臣の発言にあった大分県は日教組が強く学力が低いはこういう実態があるということを纏めています。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html


過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/23(木) 12:30:17 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫