<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 橋下知事と左翼教職員が対決「中山発言正しい」 
2008年10月27日 (月) | 編集 |
昨日の大阪府教育委員会主催の討論会はかなり激しいバトルが繰り広げられたようです。

参加された方からひどいやじが飛んだとの報告を複数いただいています。
日本会議大阪の丸山氏のメールによると、教職員組合と学力の相関関係を丸山氏が尋ねたところ、激しいやじが飛んだとのことです。

MBSの映像

人の話も聴けない人が教師だと子供たちの前に立っているのかと思うと不安に感じた保護者や府民は多かったと思います。テレビで放送されたニュースを見る限りでも、知事が「人の話は聞きなさい」と発言すると、多くの拍手がありました。



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

会場の外では左翼系教職員団体らが街宣活動を行っていたようですし、彼らは必死になっていますが、かえって逆効果になると思います。

テレビで中山発言の正しさを全国に放送されるのですから。

やはり民主党の強力な支持母体日教組やその背後に居る勢力を解体しなければならないということです。教育の質の向上より政治闘争に力を入れる組織なのですから。

先日の知事と高校生のやりとりもじつは共産党系の職員組合の影響を受けているといいます。お気づきになられた方は多いと思いますが、まさに組合の主張そのままでした。私学はどこも共産系が強く、生徒の発言に米軍に使う金を私学助成にという発言があったことがそれを裏付けています。

なお、来月号11月1日発売(九州などは3日発売)の12月号の『正論』は中山発言についての論文が載ると編集部から聞いていますので、楽しみです。

発売中のWILLもぜひお読みください。
WILL12月号 中山先生

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

http://sankei.jp.msn.com/life/education/081026/edc0810262325003-n1.htm

橋下知事vs教員 教育問題討論会で渦巻く怒号、やじ

府民らとの討論会で、参加者からのヤジに語気を強めて反発する大阪府の橋下知事=26日午後、堺市中区 橋下徹大阪府知事と公募で集まった府民らが教育問題について意見を交わす討論会が26日、堺市中区の大阪府立大学で開かれた。橋下知事が学力テストの自治体別結果を公表させたことについて賛否が寄せられたほか、職業教育の重要性や授業を面白くする必要性を訴える声があがった。一方で知事の発言のたびに、現場教員らから「『くそ教育委員会』発言を撤回しろ」などとヤジが飛び、会場は終始騒然とした雰囲気。知事も「こういう先生に子供たちを任せられない」と発言をエスカレートさせた。

 討論会は府教育委員会と府が主催。約700人の府民が参加し、このうち事前の抽選で決まった代表者15人が、教育施策についての意見や質問を述べ、橋下知事や生野照子教育委員長らが応じた。

 最初に日教組の組合員という女性が、「中山成彬前国交相の(日教組の強いところは学力が低いという)発言について知事は『本質を突いている』と述べたが、どういうつもりか。大阪の場合、学力の問題の背景には離婚率の高さなどさまざまな背景があるはずだ」

と質問した。

 これに対し橋下知事は「どんな理由があろうとも、大阪の学力が全国からするとかなり低い。そのことから逃げてはならない」と切り出し、「私には子供たちの学力を上げる責任がある。そのために知事に立候補し、当選させてもらった」と訴えた。


 しかし発言中はヤジが多く、たまりかねた橋下知事は「まず人の話を聞きなさい。いい大人なんだから」。続く言葉で「こういう先生に子供たちを任せておくことはできない。中山前国交相の発言こそ正しいじゃないですか」と持論を述べると、知事の発言を支持する他の参加者たちから大きな拍手がわいた。

 「まず教員の数を増やせ」「予算を減らすな」…。その後も橋下知事が発言するたびに怒号に包まれる会場。知事の発言も徐々にエスカレートし、「学校の先生は(学力低迷の問題について)責任を取らなくても一生公務員としてぬくぬくとやっていける」。

 さらに「トップの方針に学校の先生が従わない。どこの会社に、社長の方針に従わない部下がいますか。そんな部下がいたらクビになる」と持論を展開、「9割の先生は一生懸命やっている。地域や家庭の皆さんが学校運営にかかわり、1割のどうしようもない先生を排除してください」と呼びかけた。

 このほか橋下知事は「先生がちょっと子供の頭をゴッツンとしようものなら、やれ体罰だと叫ばれる。これでは教育はできない」とし、「(こうした行為を)どこまで教育と認めていくか、家庭、地域と合意を形成することが必要」と主張。会場からは「弁護士が法律違反の体罰を認めるのか」との声もあがった。

 15人の発言者の一人で、職業教育の充実などを訴えた同府泉大津市の会社員、笠井大三さん(45)は「発言中のやじなど、会話の基本中の基本ができていない人がいた」と不満を口にした。

また「冷静に話し合えない姿を子どもに見せたくはなかった」と言う小学5年の息子と訪れていた大阪府泉南市の主婦(40)は「学力テストの結果公表には賛成。社会に出て困らない人を作るために、学力を上げていかなければいけない」と橋下知事を支持。

 一方、会場で知事批判のビラを配布した教員らの団体「橋下行財政改革にNO!の会」の女性教員(55)は「結果公表でランク付けが進めば、子供たちへの悪影響は計り知れない。知事は教育現場の現実を見ていない」と話していた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20081027-OHT1T00084.htm

橋下知事もはや恒例の過激発言「中山前国交相は正しい」 

大阪府の橋下徹知事(39)が26日、府民らと教育問題を話し合う討論会に出席、教育関係者とみられる人たちからのヤジに「子供たちをこんな先生方に任せてられない。(日教組批判で国土交通相を引責辞任した)中山成彬氏の発言こそまさに正しい」などとやり返した。また体罰容認ともとれる発言も飛び出すなど過激な橋下節が全開。会場は拍手とどなり声が交錯する異様な雰囲気に覆われた。

 大阪府立大(堺市)のホールで行われた「大阪の教育を考える 府民討論会」。橋下知事は、参加者の質問や意見に対して「必ず子供たちの学力を上げる」と持論を展開していた。そこに飛んできたのは教育関係者とみられる一部来場者からのヤジ。

 すぐさま戦闘モードに切り替わった知事はヤジった来場者を一喝した。「まず黙りなさい。保護者に聞こえない。いい大人なんだから」

 日教組組合員を名乗る質問者の1人は中山発言を「なかなか本質をついている」と擁護した知事に真意を問いただし、その上で「くそ教育委員会」など“橋下語録”を列挙。「知事の暴言こそルール違反」とかみついた。

 会場からは「質問に答えろ」などと激しい怒号が。これに知事は完全にヒートアップ。「子供たちをこのような先生方に任せてられない。中山成彬氏の発言こそまさに正しい。安心して預けるわけにいかないんです。みなさん、これが学校の現場の現状ですよ! 地域でちゃんと学校をコントロールしてください」

 さらに「どこの会社に社長の命令を聞かない部下がいますか。9割は一生懸命やってる先生がいる」と指摘。すると反発の罵声(ばせい)をかき消すような拍手も巻き起こり、会場は異様な雰囲気に包まれた。「地域や家庭が学校に入っていって、1割のどうしようもない先生を排除していってください!」


【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費と金銭的に厳しい状況です。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

教育正常化の運動は、人権教育の是正にあると考えており、小冊子の作成と福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日、9月23日、29日と連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪


高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

福岡では今後も人権擁護法案とともに日教組批判のビラを作成し、街頭やポスティングによる配布を継続します。

ビラ

ビラ3

市民に真実を知らせる必要があります。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。


会の印鑑、団体名を入れた印刷した封筒、

のぼり、横断幕など備品の購入に

かかる資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     




【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

中山前大臣の発言にあった大分県は日教組が強く学力が低いはこういう実態があるということを纏めています。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html


過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
日教組を批判する場合必ず民主党、マスコミをセットにして訴えるべきです。一石三丁。
日教組-民主党-マスコミは悪のトライアングルであると。
2008/10/27(月) 10:30:34 | URL | 聖職 #fZZVeMag[ 編集]
大分県職労も民主党を支持するな!
大分県職労は衆議院選挙で社民党の重野議員以外に、
民主党の吉良氏と横光氏を支持する理由がわかりません。
特に吉良氏については、彼が大分県知事に立候補した際に
「大分県職員の給与や福利厚生などの経費を節減する。」
などと大分県職員の組合員の生活を脅かす不気味な存在
であるにもかかわらず、大分県職労が組織として支持する
のか不明です。横光氏も社民党から民主党へ移行したため
に組織として支援する必要はなくなったはずです。大分県
職労による民主党の吉良氏と横光氏への支援を中止させ
なければなりません。
2008/10/27(月) 10:48:53 | URL | 山中 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫