<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 部落解放同盟のいう学力保障とは、自分たちの教育への介入を通じての同和教育と悪平等教育
2008年11月03日 (月) | 編集 |
10月3日から5日にかけて宮崎市で開催された部落解放研究第42回全国集会の討議資料を熟読してみました。

この集会の主催者はいうまでもなく部落解放同盟。実行委員会形式で、構成団体は全同教や同宗連など解放同盟系列の組織と地元宮崎県の実行委員会という形で宮崎県など行政まで入っている。

ここで注目したいのは、第7分科会で「拡がる学力格差を克服し、豊かな学力を育てる学校づくり-力のある学校づくりを-」と題された討論会。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

司会は部落解放同盟福岡県連の副委員長。私が『正論』で取り上げた対県教委交渉の中心人物。

助言者には全国同和教育研究協議会や大学教授、高橋なんとかという日教組幹部。

行政説明は、佐藤弘毅という文部科学省の官僚だ。生涯学習政策局社会教育課地域・学校支援推進室長という肩書き。文科省「学校支援地域本部事業」の説明をしている。

討議の柱は3本立てで

①40数年ぶりに実施された全国学力・学習状況調査ですが、悪戯な競争激化に反対すると共に、部落をはじめとした教育的に不利な立場に置かれている子ども達の学力実態の把握、豊かな学力内容の追及、そのための基本方向について意見交換します。

②特に教育的に不利な立場におかれている子どもをはじめ全ての子どもの学力保障を実現している「力のある学校」づくりについて意見交換します。

③「開かれた学校づくり」を通じた人権のまちづくりが重要となっていますが、2008年度より実施の文科省「学校支援地域本部事業」等の活用について意見交換します。

とある。

まず、問題提起が部落解放同盟からなされている。

鳥取県の学力テスト結果の学校別公表を情報公開審査会が認めたことについて、批判的な見解を示している。

引用したい。

・「開示により生徒、保護者および地域の教育に対する意欲を高め、教育の質を向上させることに有益である」として開示のメリットを何の検証もなく極めて安易に楽天的に肯定している。

■なめ猫のコメント 非公開の方が教職員には都合がよいだろうが、どういう状況なのか保護者も地域も知る必要があり、開示は当然のこと。楽天なのは同和教育をやれば学力は保障されるという姿勢のほうではないか。

・マイナス面を過小評価=学校別の結果をホームページ上で公表したり学校選択制の実施などといった、学校の序列化や過度の競争を引き起こすようなことをしない限りは問題は起きない。=油が撒かれていても、火をつけなければ大丈夫という安易な考え方

■なめ猫のコメント ホームページへの公表自体を認めないということは情報公開の精神に反するのではないか。序列化とかいうけれど、いい加減な教育を続けてきた学校こそ問題にされるべき。責任を取らない教育の怠慢を改善するための学力テストであり、公表して相対評価するのは当然。

→こうした調査結果の学校ごとの公表が容認されていくならば、全国学力・学習状況調査の実施には反対する

■なめ猫のコメント ふーん。結果も明らかにされない。学校の教育をただ信頼せよ、地域は黙って従いなさいということこそおかしいと思いますが。結局は日教組と同じ穴の狢で、反対したいのでしょ。

兵庫県立大学の先生とからは、大阪の学校のことが主に取り上げられていたようです。

「効果のある学校」から「力のある学校」へというけれど、大阪の子供は希望がない状況におかれている元凶についてはスルーされている。

由々しきは、なんとあの福岡県筑前町から、解放同盟支部教育対策部、地域活動指導員、三輪小学校による報告がなされていた。

三輪の話が出たところを見ると、どうやら、あの地域は部落解放同盟の影響をいまだに受けているようです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ


地域活動指導員なる制度も本来は、同和のためではないはずだが、そういう活用がなされている。


○支部保護者代表者会(月一回定例会)
○「菜の花」学級(支部小中解放子ども会保護者学習会)


このような行事に参加すること自体、大問題。なんですか支部って。解放同盟の支部のことではないか。

県議会で共産党の質問に対し、当時の荒巻人権・同和教育課長(現、総務部長)が、答弁している。

http://www.jcpfk.com/edit/tayori0611071.html

平成18年決算特別委員会 

次に、三輪中学校における、人権同和教育について伺います。 「三輪中学校 学校経営要綱」の中の、「人権・『同和』教育推進計画」を資料として要求していますので、提出をお願いします。

はじめの3行目に「狭山の教育課題を土台にすえ、部落差別の現実に深く学びながら部落差別をはじめとするあらゆる差別をゆるさない学級集団づくり、教師集団づくりを進めました」と書かれています。5.23など狭山裁判の節目の取り組みが学校全体に位置づけられていますが、県は、このような人権同和教育を推進しているのですか、お尋ねします。

〔人権同和教育課長〕県教育委員会といたしましては、「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」を踏まえ、「福岡県人権教育・啓発基本方針」に基づきまして、人権・同和教育を推進しております。

また、人権・同和教育を進めるに当たっては「教育の中立性」が守られるべきことは言うまでもないことでございますので、従来から、各学校に対しては、人権・同和教育の推進と政治運動や社会運動とを区別し、主体性をもって教育に当たるよう指導しておるところでございます。

今後とも、この基本的な考えに基づきまして指導してまいる所存です。

【山口】解放子ども会活動の項の③には、「支部教育対策部、支部青年、解放子ども会指導員と連携しながらすすめていく」と書かれています。「支部」とありますが、何の支部ですか。

〔人権同和教育課長〕解放子ども会の活動の項に書かれています「支部」とは、部落解放同盟の支部を指すものと考えられます。

【山口】部落解放同盟の支部のことですね。解放同盟と連携して解放同盟の活動である「解放子ども会」に取り組むことが教育推進計画の重要な柱として、位置づけられている。これらは、解放同盟の運動そのものであり、これでは、解放同盟と一体の教育といわれても仕方がありません。


また、廃止になったはずの「同和教育関係定数」について、「定数配置にこめられた思いや願いを自覚し、」などと書かれています。これは、県の方針とも国の方針とも異なっているではありませんか。

県の方針とも国の方針とも異なる認識、異なる人権同和教育がこの学校ではまかり通っている。なぜか。解放同盟の教育介入が今でも行われているということにほかならないではありませんか。お答えください。

〔人権同和教育課長〕県教育委員会といたしましては、職務や経験年数に応じた人権・同和教育研修を組織的・体系的に実施し、県の施策について周知を図っており、各学校においては、県の方針に則り、学校の主体的な判断に基づき教育活動が行なわれております。

ご指摘の点につきましては、筑前町の正式な調査報告を待ち、県の方針と異なる学校の教育活動がございましたら、その原因を究明し、改善に向けて指導してまいる所存です。



この件は平成19年8月号の『正論』で私も紹介しました。一応の改善は図られたと解釈していた。

ところが、ほとぼりが冷めたらこうやって現れるわけだ。

これについては調査を行い、公表し、県および筑前町議会に是正を求める陳情を出したいと考えています。

<チャンネル桜支援講演会のご案内>

岡本明子さんから松浦議員のメールをお知らせいただきました。


この度、11月8日に、「国境のまち対馬が危ない」をテーマに、ch桜キャスターの

大高未貴先生(素晴らしい女性です)の基調講演後、松浦芳子が司会でシンポジウムを行います。

ぜひご参加下さいませ。以下お知らせです。


「衛星放送日本文化チャンネル桜」支援講演会のお知らせです。

日本文化チャンネル桜の社是は、「草莽崛起」(吉田松陰)と「敬天愛人」(西郷南州)です。
如何なる外国勢力、如何なる企業、政治、宗教団体からも影響を受けることなく、自由で独立不羈の志を守ってきた「衛星放送日本文化チャンネル桜」は、創立五年目を迎えました。

この度、この「チャンネル桜」の存続を願って支援組織「日本文化チャンネル桜二千人委員会」を創設致しましたが、今回、「二千人委員会」による、時局講演会を下記のとおり開催致します。

奮ってご参加下さいませ。お待ち致しております。


ーーー第2回 チャンネル桜支援講演会ーー

日時:平成20年11月8日(土) 午後6時30分から8時30分

場所:産業商工会館 杉並区阿佐ヶ谷3-2-19

    (JR阿佐ヶ谷駅と地下鉄南阿佐ヶ谷駅との中間程にあります)

テーマ:国境のまち「対馬」が危ない

講師:大高未貴先生

   「ジャーナリスト・チャンネル桜キャスター・ミス日本国際親善大使
   ・アフガン、チベット、 パレスチナ他、世界80カ国以上を単身で
  取材し、日本のメディアが伝えない国際情勢の生の情報を伝えている」

シンポジウム:大高未貴先生・小磯都議・吉田都議・松浦杉並区議

受講料:無料


第1回・・・11月1日(土)18時~:代々木区民会館 3階:講師・青木直人先生

       「米中同盟は、どこへ行く」

第3回・・・11月15日(土)18日~:生活産業プラザ(ECOとしま):花岡信昭先生

       「政局の動向と日本の行方」

詳細は、日本文化チャンネル桜二千人委員会事務局に問い合わせて下さい。

     TEL:03-6419-3900 FAX:03-3407-2263

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

教育正常化の運動は、タブーである人権(同和)教育の是正にあると考えており、小冊子の作成と福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日、9月23日、29日と連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。 また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪




高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出し、行政まる抱えでジェンダーフリーなど偏向思想教育が行われているのです。
福岡県教育委員会は正式に8月14日に提出した質問状への回答を出してきましたが、おざなりの回答でした。

福岡では今後も人権擁護法案反対とともに民主党=日教組批判のビラを作成し、街頭やポスティングによる配布を継続しております。

ビラ

ビラ3

市民に真実を知らせる必要があります。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。


会の印鑑、団体名を入れた印刷した封筒、

のぼり、横断幕など備品の購入に

かかる資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     




【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

中山前大臣の発言にあった大分県は日教組が強く学力が低いはこういう実態があるということを纏めています。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html


過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     





クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
同和行政
私の家から直方市立第三中学校を挟んだ反対側は、同和地区でおびただしい数の部落民が住んでいます。そこには、昔から同和地区住民の特権を要求して、税金をたかる人が多く住んでいます。だから、そこに住む生徒は、他の生徒からお金を巻き上げたり、暴行を加えたりなどと残虐な人間が多かったわけです。解同による特権要求は断固として差し止めなければなりません。
2008/11/03(月) 11:52:18 | URL | 桝本達雄 #NkOZRVVI[ 編集]
人権の救済って何だ?
部落解放同盟は人権団体と呼べるのだろうか?
人権団体のすべきことは、対象の評判を上げること、落ちた評判の回復、
これが人権団体の最もすべきことではないだろうか。

果たして、彼らは差別部落の評判を上げる努力をしているだろうか?
2008/11/03(月) 14:43:07 | URL | とんぼ #9yhy0CQ2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫