<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 児童相談所による虐待防止を名目にした家族破壊
2008年11月09日 (日) | 編集 |
野牧先生からの転送メールです。東京はひどいです。このままでは、各地でこうした状況が生まれかねません。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

人間関係につけ込み、家族内の対立を煽り、親戚まで巻き込むというやり方は左翼の反対派への嫌がらせと同じです。

皆さん、ぜひ、この問題をご自分のブログやメールマガジンでも紹介していただき、そして東京都に抗議・要請をしていただきたいと思います。



皆様、小菅先生のメールを転送します。
このメールも、どんどん、転送、転載、してください。木上さま、フェミナチ監視さま、いかるが先生、岡本明子先生、根屋さま、百人の会さま、よろしくお願いします。
浦山さんご夫妻は、仲の良い爽やかなカップルですが、まだ、入籍していません。もうずっと一緒に住んでいるのですが、浦山さんの内縁の夫と前の奥さんとの間にできた娘さん達が、入籍を反対していたのです。また、浦山さん自身のご両親もこの結婚に反対。

しかし、ご主人の娘さん達が最近、お父さんの結婚に理解を示し、もうすぐ、晴れて入籍できる、という時に、この事件は起きました。小菅先生も私も、このご夫妻が良い人達なので、ぜひ、応援したいと思っているのです。浦山家の兄と妹は、西台子ども館から逃げてきました。またまた、西台です。妹さんは、弱視なので、目があまりよくありません。弱視の子供を拉致監禁など、とんでもないです。

抗議もしていただきたいのですが、明日、10日、池袋のメトロポリタンホテルに18:30集合で、新宿児相センターの職員と話し合いします。お時間のある方、ぜひ、いらしてください。

最近児相は、もう、手当たり次第に子供を取上げています。片親、内縁関係の夫婦、生活保護家庭、仲の悪そうな夫婦、などなどを狙い撃ちです。子供を取上げ呼び出して、その親の人間関係を聞きだし、関係者の住所や携帯電話の番号を聞きだします。
そして、両親の親族と仲たがいさせて子供を奪還する時の協力体制を崩したり、子供を預けているらしきところに押しかけたり、子供の親権をその母親とお婆ちゃん夫婦で争わせたりします。

そして、たくさん親に喋らせて、あら捜しします。また、家庭訪問をして家の中をじろじろ見回し、ゴミが一つおちていると、不潔なのをほっとくから悪い養育をしていると言い、きれいに掃除をしておくと、生活感がない、潔癖症は子供に対して圧迫感を与える、などと意地悪を言って子供を取上げる口実とします。

以下は浦山さんとは別のケースですが、読んでください。私は最近、児相被害の親御さんからの相談を受けるのが、辛くてたまりません。これ、もう、やめたいです。でも、他にできる人が小菅先生だけだから、やってます。

私が最近受けたケースでは、母親が急に産気づいて家でぽっこり生まれたため、父親が救急車を呼んび、処置してもらったら、そのまま児相送りとなり、面会させてもらえない、というのがありました。

また、不登校気味の女児が怪我をして学校に行ったら、そのまま児相に。児相ではまた、子供を丸裸にして丹念に調べることもあるらしいです。
これらは、浦山さんとは別のケースです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

全国の皆様へ緊急のお願いです。

児相はまたもや、子供の気持ちも親の気持ちも無視して、まるで犬・猫から子供を取
り上げるかの様に、浦山さんの子供を拉致・誘拐しました。
親の子育てに対して、厳しいと「体罰は暴力だ」と決め付け、甘いと「養育放棄だ」
などと言って、様々な口実を用いながら子供を隔離して、親を求める子供の気持ちを
踏みにじっています。

児相内の教条持ちは、彼らの偏向思考である「社会的子育て」とか「子供の個人的自
立」だとかの社会・共産論やえせ人権論を振りかざして、家族破壊を繰り返していま
す。
教条持ちへは児相の業務実績を上げたい者や、施設との利権がらみの者も迎合してい
ます。

逃げて来た子供たちを、家族を守りましょう。子供たちが児相に取り戻されたら、二
人の心情も情緒も破壊されてしまいます。
どんどん下記へ抗議・要請して下さい。重ねてお願い致します。



要請書
                          平成20年11月09日

東京都児童相談センター
  所長 丸山浩一殿
  所員 秋山・若月殿
  162-0052 新宿区戸山3-17-1
  Tel 03-3208-1121 Fax 03-3205-7158
Mail S0200122@section.metro.tokyo.jp

 浦山家の子供たち(13才・男子・中一 、11才・女子・小六)は貴職らの隔離
施設から、必死の思いで親元へ逃げ帰って来ました。
 
私たちは貴職らがこの子供たちを、再び拉致・誘拐をしない様に、隔離・軟禁をしな
い様にと要請します。総じて子供への虐待を止める様にと要請します。
重ねて、貴センターが新たな社会・共産主義や過激女権主義やえせ子供権利論やその
他に偏向した教条持ちに主導されている状態を改善して、良識ある業務に立ち返る事
も要請します。


6月15日、男子は親との約束を守らず悪さをしたため、軽い体罰も含めてややきつ
く叱られました。
6月16日、男子は気落ちして居たためか、中学校へ遅刻して行きました。このた
め、教員から理由を聞かれ、昨日の事を話しました。この後で母親が呼ばれて学校へ
出向きました。
 教員と母親が話し合った後で、母親の意向を無視した教条持ちの教員が児相に通報
しました。
 
 そこで三名が来て、「虐待」を口実に子供を「保護」すると告げました。そして母
親の反対を押し切って、別室から強引に子供を連れ去りました。
(同日、女子も「虐待の疑い」があるからと言われて、小学校から連れ去られまし
た。)


なお母親にも夫から暴力を受けていないかとしつこく聞き、いたら保護すると威嚇し
て来ました。

この日の後で親はセンターへ行き、子供を返す様にと要請しました。しかし全て無視
され、面会も拒否されています。口頭では子供たちが施設へ行きたがっていると伝え
られました。子供の母親宛ての手紙も手渡されました。

「こっちで元気にしています。(禁止されていて)僕は直接話す事が出来ないので、
手紙で気持ちを伝えたいです。
 僕は(自分から)児相に行こうと思いましたが、なかなか行けずに(いて)、15
日の夜にもうこういう事をされるのはいやだと思ったので、次の日に学校から児相へ
行きました。
 児相の人から聞きましたが、僕は生活の環境が整っている施設で、しっかりと勉強
したいと思います。
 施設では母さんとの交流も出来るので、これは施設に入って(から)も嬉しい事で
す。それに施設に入っても、親子の縁などは一切切りません。これが僕の気持ちで
す」

8月8日、児相から子供を施設に連れて行くと伝えられましたが、親は強く反対の意
思を伝えました。以後も同じです。
9月になってから、親は施設の近くで学校帰りの男子を見付けて、短時間だけ話を聞
きました。男子は、「早く家に帰りたい」「(逃げたら捕まってしまうと言われたの
で)警察が怖い」「手紙は児相の人に書かされた。言われた通りに書かないと何時ま
でも帰れないと思った」などと語っています。
 この後、親は児相に見つからない様に気を配りながら、女子の安否確認にも努めて
いました。

11月5日、子供たちはこれ以上施設に居たくないとの一心から、意を決して・手を
取り合って親元へ逃げ帰って来ました。親元に保護されてようやく笑顔が戻って来ま
した。

11月6日、児相側から子供たちを施設へ戻せとの要求が有り、児相側3名と親・支
援の会側がホテルのロビーで会いました。ここで親側は子供たちの戻りたくない気持
ちがはっきりしている、これ以上の虐待を止める様にと伝えました。手紙に付いても
男子の明言を改めて伝えました。児相側はずっと渋い顔をしていました。

                    浦山家親族一同
                    家族破壊法犠牲家族支援の会


【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

教育正常化の運動は、タブーである人権(同和)教育の是正にあると考えており、小冊子の作成と福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日、9月23日、29日と連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。 また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪




高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出し、行政まる抱えでジェンダーフリーなど偏向思想教育が行われているのです。
福岡県教育委員会は正式に8月14日に提出した質問状への回答を出してきましたが、おざなりの回答でした。

申し入れ項目ごとに回答内容を紹介します。

福岡県庁


****


①本県における道徳教育の推進状況とどのような教育的効果が見られるかを明らかにされ、国の方向性に倣い道徳専任の教員の配置を行われたい

→平成19年度においては、道徳教育の全体計画、年間指導計画ともに、すべての小中学校で作成されており、道徳の時間の実施時間数は小学校。中学校ともに全体平均として学習指導要領に定める標準時数に達している。教育的効果としては、児童生徒の道徳的な心情、判断力、実践意欲・態度などの道徳性が養われている。(義務教育課)

→高等学校においては、道徳の時間が設けられていないこともあり、公民科や特別活動のホームルーム活動を中心に、教育活動全体を通じて行うこととされている。このため、本県県立高等学校においては、平成17年3月に配布した「心の教育-実践事例集」を参考にするなどして、生徒会活動、部活動などを通じ、人間としてのあり方生き方に関する教育を推進するよう指導している。(高校教育課)

②道徳教育が、人権・同和、平和教育などに流用されている実態がある。道徳教育を人権教育に流用することは公教育へ教えるべきことを教えないことであり、子供たちに規範意識を身につけさせる機会をも奪うことである。県教委として実態調査を行い、速やかな是正措置を図られたい

→小・中学校ともに、学習指導要領の定める道徳の内容項目として、差別や偏見のない社会や平和に関わるものがあり、適切に指導が行われている。
実態調査については、教育課程の実施状況を継続的に調査し、指導しているところであり、現段階では新たな実態調査をする予定はない。

→本県県立高等学校においては、適正な教育活動が行われているものと認識している。今後とも、生徒に規範意識を身につけさせる教育活動を充実させたい。

③県立高等学校・特別支援学校の人権・同和教育に、学習指導要領に反する内容や反日的内容が数多く見られる。これは国の方針にも反し、昨年3月28日付で貴職が派出した通知とも矛盾するのではないか。とくにジェンダーフリーは国も県も市町村も使っていない用語である。速やかな改善を指導されたい

→県立学校の人権教育については、内閣府男女共同参画局が平成18年1月31日付で発出した事務連絡文書及び平成19年3月28日付文書により、各学校で適切な人権教育及び学習指導がなされるよう周知徹底を図っております。(人権・同和教育課)

④新学習指導要領の解説書に竹島について記述がなされている。竹島が固有の領土であるという記述は見送られたものの、わが国の領土であることは歴史的事実である。県下の地教委・学校に対し、領土意識を涵養する教育を推進するよう指導を行われたい

→中学校学習指導要領解説社会編に、「日本の領域の特色と変化」を取り上げる際の事項として、北方領土とともに竹島をめぐる問題が例示され、「わが国の領土・領域について、理解を深めさせることも必要である」と記述されている。新学習指導要領を踏まえた授業が適切に行われるよう指導する。(義務教育課)

→わが国が当面する領土意識については、高等学校においても現行学習指導要領(地理A、B)で「北方領土などわが国が当面する領土問題については、わが国が正当に主張している立場に基づいて的確に扱う必要がある」としており、竹島に限らず、適切に指導する必要があると認識している。
本県県立高等学校においては、現行学習指導要領の趣旨を踏まえ、領土問題については竹島に限らず、各学校や生徒の実態に即し適切な指導が行われているものと考えている。(高校教育課)



⑤6月30日から7月11日まで、東京、神戸、福岡において、都道府県及び政令指定都市の教育長、指導主事(合計約1100名)を対象に「平成20年度 小学校新教育課程説明会」が開催されたが、そのなかで修学旅行や野外研修を対象とする「特別活動部会」用資料には、平沼赳夫先生の質問主意書とその回答が添付され、今回、昭和24年通達のうち、「靖国神社や護国神社に学校行事として訪問を禁じた」一節の失効が確認された経緯が文部科学省から説明されている文部科学省として正式に、修学旅行等の対象に靖国神社、護国神社等を入れていいことを表明している。今後予定される市町村教委への説明でもそのことを説明されたい

→7月に行われた文部科学省の新学習指導要領の中央説明会を受け、教育事務所等で行われる説明会については、趣旨に則り適切に説明等を行う。

⑥田川郡の中学校など「荒れる学校」の背景に、日教組主導の子供中心主義教育や同和教育があるとの指摘がある。偏向思想を教育を通じて流布することは許されないことである。県教委として実態調査を行い、市町村教委・学校への指導を強化されたい

→市町村立学校につきましては、平成19年3月28日付文書に基づいた適切な人権教育が行われるよう、各教育事務所において指導を行っております。(人権・同和教育課)

⑦いじめや不登校などの問題を抱える子供たちのために配置された児童生徒支援加配や高校の就学支援加配が同和関係業務に従事している実態がいまなおある。昨年3月および今年6月の県立学校向け通知の趣旨を徹底し、違反事例があれば是正を行われたい

昨年3月および今年6月の通知文書の徹底については、各種会議や学校訪問の際など機会を捉えながら引き続き行っております。
また、当該文書の趣旨に反するような事例があれば、厳しく指導を行うこととしております。(教職員課)


福岡では今後も人権擁護法案反対とともに民主党=日教組批判のビラを作成し、街頭やポスティングによる配布を継続しております。

ビラ

ビラ3

市民に真実を知らせる必要があります。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。


会の印鑑、団体名を入れた印刷した封筒、

のぼり、横断幕など備品の購入に

かかる資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     




【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

中山前大臣の発言にあった大分県は日教組が強く学力が低いはこういう実態があるということを纏めています。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html


過去掲載文もあわせてお読みください。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     




ん?国土交通省?
中山先生の件で見にきてるのか?部落解放同盟という検索ワード
だがそれとも同和利権?

IPアドレス 210.233.113.114
ホスト名 proxy1.mlit.go.jp
IPアドレス割当国 日本 ( jp )
市外局番 該当なし
接続回線 該当なし
都道府県 該当なし

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス] 210.233.113.64/26
b. [ネットワーク名] MLIT-GO-JP
f. [組織名] 国土交通省
g. [Organization] Ministry of Land, Infrastructure and Transport
m. [管理者連絡窓口] SK11391JP
n. [技術連絡担当者] SK11391JP
n. [技術連絡担当者] TS7660JP
p. [ネームサーバ]
[割当年月日] 2004/11/15
[返却年月日]
[最終更新] 2006/12/01 10:38:07(JST)

上位情報
----------



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
疑問
一方的な意見であり児童相談所の見解がないが...
判断しかねる案件であり、もう少し状況を把握すべきだと思う。
2008/11/10(月) 09:07:34 | URL | beggar #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/14(水) 21:56:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫